読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯れ言ブログ 四方山話

思ったこと、感じたことを少し流してゆきます。

ドラマ クイーンメアリー

全22話なの?
最終回はあれで終わり?

ラストに「えええ!!!そこで終わる?!」と大きなわだかまりを残してくれました(笑)
ただし、作品自体はシーズン2まで本国(アメリカ制作)で放送されておりシーズン3の制作が決まっているようなので一安心。

時代は16世紀、舞台はフランス、主人公はスコットランド女王メアリー・スチュワート。
1話目はフランス国王の城に入城するあたりから物語は始まる。
歴史ものなので大筋は既にネタバレ作品ではあるが、さすがにいくつか作品としてとりあげられるほどドラマチックな女性である。

NHK大河ドラマのようなものだが、いかんせん人気が落ちたり出演交渉で揉めたりで制作が最後まで進むのかというあやしさを持つのは海外ドラマゆえであろう。

ともあれ、シーズン2ありきの最終回ではある。
はやく続きが観たい、素直にそう思う。

スコットランドというタイトルの主題歌(曲)もドキドキのテンションが上がる、作品にぴったりだ。



###ここからはただの余談

むかーしむかし、10代の頃に英会話スクールに通った事がありまして。
その時、ウェールズ出身の講師がいたんです。
当時の私はイギリスが正しくは『グレートブリテン及び北アイルランド連合王国』というものでわりと複雑なのを知らなかったのです。
その講師はイングランドではなくウェールズだと説明するのに半ば諦めと慣れを感じていたようだった。
日本人の認識なんてそんなものなのだ...と。
今では国旗の成り立ちも各国を重ね合わせたものなのだとそれなりに有名エピソードだと思われるが、日本でイングランドではなくウェールズだ『同じにしないでくれ』という当時の講師の心の叫びのようなものを時々思い出す。

ホワイトヘルメット

昨年ノーベル平和賞にノミネートされたホワイトヘルメット。
ノーベル賞は受賞には至らなかったが、アメリカのアカデミー賞でホワイトヘルメットのドキュメンタリーフィルムが受賞した。
まだ平穏な日々が訪れず、灰色の街の中に残された弱者が傷つけられている。
何かが変わるステップになればと願うばかりだ。

この世界の片隅に

第40回日本アカデミー最優秀アニメーションに選ばれた。
他の作品を観ていないので最優秀なのかどうかは分からないが、『この世界の片隅に』はボディブローのようにじわる作品だなと感じた。

すずさんのキャラがまずイイ!
見終えた後に同じように訛って話したくなる(笑)

そして個人的には今まで観てきた映画、ドラマ、アニメなどの戦争シーンが幾つもある中で『空襲』と『焼夷弾』が一番恐ろしく感じたのはこの作品だった。
おそらく主人公すずを身近に感じ寄り添っていたからリアルに怖いと感じたのだと思う。
決して特別派手な演出がなされている訳ではない。だだ当時起きていた事を(見た目柔らかいタッチで)描いてるのだが、本当に恐ろしく度重なる空襲警報にうんざりした。
それもやはり登場人物たちの喜び悲しみ怒り憎しみ楽しさなど日常を丁寧に描いているからに他ならないからだと思う。

後世に残る作品として出来上がって本当に良かったと感じる。
受賞おめでとうございます。

広告を非表示にする

ドラマ スーパーサラリーマン佐江内

ずっとなかなか観れなくてようやく観れた...。

主人公のさえないサラリーマン佐江内を堤真一さん、怖い嫁さんに小泉今日子

ドラマなんだけど、完全にコント番組!
面白い!!!

佐藤二郎さんがTwitterで監督さん?に「二郎さんと堤さんのコーナーさぁ」って...シーンじゃなくてコーナーって...というような事を呟くほどコントドラマ(笑)
撮りながら相手の演技とか見て笑わないようにするのが大変そうな現場だな...と(笑)

ドラマ カルテット

なかなか面白い。

いい役者揃ってるのと設定もなかなかひねってあるかな。
気になる松たか子さんの旦那役にクドカンが!!!
似た者夫婦をにおわせて次週よりかなり展開があり後半、2部突入。
どう話を転がして落としてゆくのか気になるところである。

なにより高橋一生くんが好きなので見逃せない(笑)
贔屓目以外のなにものでもないが。

f:id:shirorinn:20170216003119j:plain

椎名林檎提供の4人のEDが良い!!!
この一生くんにはツボるでしょ(笑)

広告を非表示にする