戯れ言ブログ 四方山話

思ったこと、感じたことを少し流してゆきます。

ドラマ 幕末グルメ ブシメシ! 第一話

面白い!ジャンルは飯テロドラマ!
30分テンポ良くあっという間に楽しめる!

まず冒頭オープニングに出てくるジオラマが素晴らしい!
内容は参勤交代で単身赴任中の嫁さん大好き侍が主人公、演じるは瀬戸康史
彼は同NHKグレーテルのかまどという番組で料理してる。それの時代劇版か?(笑)

衣紋方(着替えを手伝う人)として藩の殿様に仕える若い侍(瀬戸康史)が江戸に出てきて3日ほど?なのに酷いホームシックにより勤めに全く出ない(笑)
ようやく勤めに出たと思ったらその日は殿が急に不在で今日の仕事は終わり!(いいよね、そんな仕事w)
早上がりとなり江戸の町をぶらついていると「名物しゃもなべ」とのぼりが立つ(食べ物屋番付(今で言うミシュラン的なw)にも上位評価されている)店に入り一人の男と出会う。
それが草刈正雄演じる藩の殿様!
殿様は気まぐれに身分を隠し江戸の町に遊びに?出てたのだった。
古典的コメディ展開。ひょんなことから二人で蕎麦屋に行くことになるが相手が己の仕える殿様とは知らずに思ったことを口にする主人公。

そんな出会いの後、テンポ良い展開により衣紋方の主人公が何故か食あたりによる腹痛(仮病)の殿様のために食事を作る事になる。
料理したことのない主人公だが、料理上手な嫁が荷物の中に忍ばせてくれていた料理レシピ本を見つけ、それを元に幻想として現れる嫁に指南されながら料理を作る。

腹痛の殿様のために作った料理は「さつまいもの茶粥」
見てるとただただそれ食べたい!!!なんて、もうテロに屈します(笑)

殿様はその茶粥の美味しさに「誰が作ったのか?」と家臣に問うと返ってきた答えはあの江戸の町で出会った若い侍!

殿様に広間に呼びつけられた若い侍が顔を上げると...「!!!」

第1話はここで終わるが、書ききれないほどネタがぎゅっと詰まった見ごたえある30分だった。