戯れ言ブログ 四方山話

思ったこと、感じたことを少し流してゆきます。

ドラマ 増山超能力師事務所 3話までを観て

超能力者がいて試験を受け合格した者には資格が与えられるという。

大手超能力師事務所に所属する1級超能力師をココリコ田中が演じる。
1話では大手から独立、新人をスカウトし探しモノに特化した事務所を設立したところから物語が始まる。

なかなかユニークで心地よいストーリー展開。
何か思いを秘めての事務所設立のようなので設定が固まったこの後、どう展開してゆくかが見所かなと思いました。

東京の日暮里あたりが舞台になっているのですが、知ったところが映ると「あ!ここ知ってる!」ってちょっとテンションあがるのは地方住まいのサガなのでしょうか。

第3話で「あれ?ここはもしかしてあの某アーティスト(わりと印税王)のご実家では?」と思いエンドクレジットの撮影協力に注目してみるとやはりそちらのお宅でした。

そういうドラマの本筋とは少し違うところでちょっぴり楽しんだ第3話でした(笑)