戯れ言ブログ 四方山話

思ったこと、感じたことを少し流してゆきます。

ドラマ 就活家族 第2話までを観て

家族の在り方、絆などを就職活動というカテゴリーで描こうとしているドラマなのだが、正直観ていて少し気持ち悪い感じがする。

同時期に家族4人(父・三浦友和、母・黒木瞳、長女・前田敦子、長男・工藤阿須加)がそれぞれ仕事、就職などの問題に立ち向かう。

それが何故かあまりに不自然なのと理不尽さで気持ちをどんよりさせる。

主人公家族のこれまでの生き方、生活がまるで見えない。

象徴として家族写真が映し出されるが、それがファミリーヒストリーとして繋がって感じられず違和感すらある。

ふりかかってくる困難に家族が立ち向かって最終的には家族の絆が強まるってとこにおさまるのかな?とは思うが、どうもそこまで見届けられるか自信ない(笑)

 

家族ものドラマとして以前、父親に寺尾聡さん、母親に南果歩さん、長男に嵐の相葉くん、妹に有村架純ちゃんの一家4人が正体不明のストーカーに立ち向かうというホラー要素のあるドラマがあった。

それも家族それぞれに困難が次々にふりかかって立ち向かってゆくのだが、今回のドラマと違って不快感はなかった。

ストーカーという不気味さを抱えながらも不快感がなく「ドキドキ、ハラハラ」というドラマの娯楽感で引き込まれた良い作品だった。

 

それと比較すると今回の家族ドラマは何かどこかが足りないというか違うというか。

せっかくの役者さんを活かせてない脚本で残念な気がする。