戯れ言ブログ 四方山話

思ったこと、感じたことを少し流してゆきます。

ドラマ リテイク 全話を観終えて

オトナの土ドラ。この枠のドラマはなかなか面白い。

最初はユースケ・サンタマリア主役の『火の粉』がきっかけでこの枠の面白さを知った。
ちなみにリテイクの次回作は火の粉のパターンのサスペンスらしい。

本題のリテイクはタイムスリップもの。
2022年にタイムマシンが完成し、未来人が現代にやってくる。
その未来人を確保して保護する役割として秘密裏に法務省戸籍管理課が活動する。

未来から来た人はもう元の世界に戻れない。
それでもやってくる人たちにはそれぞれ皆、何とか過去を変えたい、やり直したいと色々な思いを持ってやってくる。

何をどう頑張っても、辛さ悲しさの先送りにしかならない。その辛さを2度も味わう事になるだけだと。

最終話での主人公の台詞。
「人生にリテイクはない。人はやり直せない今を全力で生きるからこそ輝くんです」

全力でないと後悔が多くなりますよね、たしかに。