読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

戯れ言ブログ 四方山話

思ったこと、感じたことを少し流してゆきます。

この世界の片隅に

第40回日本アカデミー最優秀アニメーションに選ばれた。
他の作品を観ていないので最優秀なのかどうかは分からないが、『この世界の片隅に』はボディブローのようにじわる作品だなと感じた。

すずさんのキャラがまずイイ!
見終えた後に同じように訛って話したくなる(笑)

そして個人的には今まで観てきた映画、ドラマ、アニメなどの戦争シーンが幾つもある中で『空襲』と『焼夷弾』が一番恐ろしく感じたのはこの作品だった。
おそらく主人公すずを身近に感じ寄り添っていたからリアルに怖いと感じたのだと思う。
決して特別派手な演出がなされている訳ではない。だだ当時起きていた事を(見た目柔らかいタッチで)描いてるのだが、本当に恐ろしく度重なる空襲警報にうんざりした。
それもやはり登場人物たちの喜び悲しみ怒り憎しみ楽しさなど日常を丁寧に描いているからに他ならないからだと思う。

後世に残る作品として出来上がって本当に良かったと感じる。
受賞おめでとうございます。

広告を非表示にする